■ご挨拶

CO2などによる温室効果ガスにより、私たちの地球に危機が訪れようとしています。
地球温暖化を防止するために、国際的な取り組みとして京都議定書が制定されました。
こうした中、注目されているのが、BDFです。
BDFとは、バイオディーゼルフューエルの略称で植物油から作られるディーゼル燃料です。使用済み廃食用油を再生してリサイクルすることで近年では、環境に優しいと大きな注目を集めています。
このBDFを普及させようと、農林水産省による「食品リサイクル法」をはじめ、経済産業省、国土交通省や環境省などの関係各省庁が研究を行い、精力的に規格を統一するなど行政も活発に動いています。

BDF燃料には数々の優れた特徴があります。
BDF燃料を使用したディーゼル車から出る排気ガスに含まれるCO2は、元々植物の成長過程で光合成によって大気中から吸収されたものなので、CO2の総量を増加させません。つまり、食用油から生まれたBDFはCO2排出量がゼロカウントです。
環境汚染物質の硫黄酸化物はほとんど含みません。
適切に配分・添加されたBDF燃料では、軽油と同等の走行性や燃費です。
また、軽油引取税軽減など国の支援も期待できます。
地球に優しいカーボン・ニュートラル、それがBDFなのです。

私たち環境総研は、廃棄油の収集、貯蔵、運搬、プラント設備の設計・開発、BDF生成、貯蔵、利用活用、消耗品や添加薬品の供給まで、一連のワークフローの全てを環境総研はコンサルティングし、ワンストップサービスとしてご提供いたします。

BDFを活用し、環境を守りながら、御社の新たな事業展開を応援する環境総研にご期待ください。

■Information

2014.12.22
高純度バイオディーゼル燃料製造装置 VD200 専用サイトを開設しました。
2011.08.20
BDFワンストップサービス専用サイトをスタートしました。

■お問い合わせはこちらから

下記のメールアドレスよりお問い合わせください。

info@kankyosoken.co.jp

■高純度バイオディーゼル燃料製造装置 VD200

減圧蒸留方式を採用した高純度バイオディーゼル燃料製造装置 VD200の製造販売を開始しました。

高品質なバイオディーゼル燃料を製造したい、排水処理に困っているなどのユーザ様、ぜひ専用サイトへお越しください。

VD200専用サイトへ>>

■BDF事業の概要をご覧ください

Designed by CSS.Design Sample