画像の説明
ホーム > 高純度バイオディーゼル

 成分が定かでない一般家庭や店舗などより回収された廃食用油を原料にしてエステル分99.9%の燃料を製造できた実績があります。 運転条件を適切に調整することでさまざまな原料に対応できます。

 JIS K 2390において26項目よりなる品質基準が定められています。 軽油と混和する際の原料に用いる場合、これらの規格をすべて満足する必要があります。 運転条件の適切な設定により満足することが可能です。

Copy Right(C)2014 株式会社環境総研 All rights reserved.
MENU
LINK